大学生の平均家賃・通学時間 みんなの家賃どれくらい?最新版

※データ・画像の無断転載を禁じます

東京・首都圏の学生の家賃相場、通学時間はどれくらい?
上京し、進学する新入生のみなさんにアンケート!大学生や専門学校生の家賃・通学時間の実態を調査しました。

  • 新入生の平均
  • 男女別の平均
  • 大学生の平均
  • 専門学校生の平均
  • 大学別ランキング

大学生の平均家賃・通学時間

東京・首都圏の160大学に進学する新入生の2,895名にアンケート!
今年の大学生の家賃相場・通学時間はどうなったのでしょうか?

大学生の平均家賃・通学時間

  • 平均家賃・・・56,742円(前年比+80円
  • 平均管理費・・・3,047円(前年比+82円
  • 家賃 + 管理費・・・59,789円
  • 平均通学時間・・・22.8分(前年比+0.4分

あまり変化がありませんが、ここ数年上昇傾向の家賃・管理費は今年も若干高くなりました。
通学時間は昨年に引き続き、短い水準となりました。ここ7年で、30分前後、25分前後、20分前後と徐々に短くなってきていますので、通学時間が短く済む立地のお部屋を好む方が増えているのでしょうか。

大学生の平均家賃の内訳

大学生の平均家賃の内訳

大学生の家賃相場はここ3年間56,000円台で、今年も5万円台が一番人気でした。大きな変化はありませんが、例年人気の高い4万円台の割合が少し小さくなりました。
大学の立地により家賃相場は大きく変わります。本ページ下部に23区内外の大学ごとに平均家賃と通学時間を算出したデータを掲載しております。そちらもご参照ください。

大学生の平均通学時間の内訳

大学生の平均通学時間の内訳

大学生の通学時間は昨年より少し長くなりましたが、今年も10分台が一番人気となりました。30分以上の方は約3割にとどまり、通学時間短めのお部屋を選ぶ方が多い傾向は続いていると考えられます。
大学近くが人気といっても、オフィス街や都心部に立地している学校となると、住宅地の少なさや家賃の高さの問題も出てきますので、徒歩・自転車通学は難しくなってしまいます。
下記の都心と郊外の大学の家賃差、通学時間差についての調査もご参考にしてみてください。

都心と郊外の家賃差は?

都心と郊外の家賃差は?

23区内外での月々の住居費(家賃+管理費)の差は9,287円でした。この差は2年前よりも2000円以上広がっています(2年前は7,063円)。4年間通学することを考えると、大学の立地が違うだけで約44万円の住居費の差が生じます。
通学時間も昨年と同じように、都心に通う学生さんは23区外に通う学生さんに比べると約2倍の通学時間がかかっているようです。

今年も主要大学の平均家賃や通学時間についてランキングを作成致しました!下記リンクよりご覧ください。

  • 2016年度版
  • 2015年度版
  • 2014年度版
  • 2013年度版
  • 2012年度版
  • 2011年度版
  • 2010年度版
  • 2009年度版
Copyright © 2009 株式会社タウン情報サービス All Rights Reserved.