東京理科大学 (神楽坂キャンパス)の学部・学科情報

科学、技術の発展に対応するため、創造性と個性を持った優秀な人材を育成。
数学科
現代数学の基礎を系統的に学び、確実に身につけることを目標にする。また、教員養成にも力を注いでおり、数多くの教員を輩出している。
物理学科
現代物理学の基礎4本柱である力学、電磁気学、統計力学、量子力学の修得に特に力を入れる。知識の単なる蓄積ではなく、有機的に運用し、問題発見と解決の能力を育むことを目標とする。
化学科
基礎研究者、教育者の養成に力を入れる。化学に関する基礎学力向上はもちろん、境界領域の基礎についても学ぶ。
応用数学科
情報数理、統計科学、計算数理を柱とした最先端の専門教育を行う。情報の本質を数理的に理解し分析することのできる人材の育成を目標とする。
応用化学科
基礎知識から社会応用への広い視野を養うため、講義と演習、実験を繰り返し学習する。化学の基礎知識を身につけ、さらに応用展開できる能力の習得を目標とする。
社会人が学べる唯一の夜間の理学部。
数学科
解析学、代数学、幾何学などの数学の基本的な分野をしっかり身につけるとともに、統計学、情報数学、離散数学などの応用数学の分野へも幅広く知識を広げる。教員養成にも力を注ぐ。
物理学科
必修科目の数を極力減らし、選択科目を可能な限り広げている。総合的で幅広い知識と高度な専門性を備えた人材を育成する。
化学科
学生の多様なニーズに応えるため、化学の本質を理解する上で必要な無機化学、有機化学、物理化学を重点的に学ぶ。その上で細分化されつつある化学に対処できる人間を育成する。
モノづくりを基本から支え、経済を活性化する役割を担い、応用力のある人材を育成。
工業化学科
有機化学、無機化学、物理化学、化学工学を柱として、化学を工業的、工学的な側面から研究する。マンツーマン教育を重視する。人類に必要な物質やプロセスを創製し開発すること、が研究理念。
理学と工学の知識を活かし、文系・理系の枠組みを越えた新しい視点から実用的な経営の理論と技法を研究・教育する。
経営学科
ケーススタディやモデル構築、シミュレーションなど実学的なアプローチで体験的に学び、グローバルな視点で主体的に行動できる人材を育成する。
ビジネスエコノミクス学科
体系的プログラムに基づいてビジネス分析に関する専門的な知識を養い、経済・経営分野の問題解決に応用できる人材を育成する。

2018年8月調査時のデータとなります。詳細な情報は学校公式ページをご参照下さい。
情報の正確性に関しては、免責事項をご覧下さい。