慶應義塾大学 (日吉キャンパス)の学部・学科情報

周囲の状況に振り回されない落ち着いた視座の獲得を目指す。
人文社会学科
17専攻・2部門があり、興味に応じて専攻以外の科目の履修が可能。広い視野に立った総合的思考力を養う教育を実践する。
現代社会の変化に対応した多様な専門科目を設置。インターナショナルに活躍できる「スペシャリスト」兼「ジェネラリスト」を輩出する。
法律学科
法律家を育てるだけでなく、社会現象を法律的にとらえる能力、つまりリーガルマインドを育てる教育を展開する。
政治学科
政治家や公務員の育成にとどまらず、個別の行為や現象を全体との関連で適切に位置づける能力の開発に努める。
諸問題を解決するための創造的な発想を兼ね備えた時代の先を見通せるリーダーの輩出を目指す。
商学科
「経営学」「会計学」「商業学」「経済・産業」の4つの視点から現代の産業社会を科学することで、非常に幅広い分野に多様な教育・研究を展開している。
豊かな人間性と知性、確固たる倫理観に基づく総合的判断力を持ち、医療を通して福祉に貢献する人材を育成する。
医学科
介護者の見習いとして様々な施設で実習を行い(EEP)、医学・医療を学ぶ心構えを身につけるとともに医療教育へのモチベーションを高める。
「次の最先端を切り拓くための基礎を学ぶこと」をモットーとし、広い視野や柔軟でバランスの取れた思考を養う。
機械工学科
機械工学の基盤である力学体系を理解するとともに技術者倫理を踏まえ、創造性と総合力のある技術者・研究者の育成を目指す。
電子工学科
21世紀の技術開発に不可欠な新発想のもとのエレクトロニクス分野を開拓できる人材を育成する。
応用化学科
化学の考え方を基本とし、様々な分野でリーダーシップのとれる柔軟で独創的な思考を持った人材を育成する。
物理情報工学科
物理学・化学・計測技術の基礎を学び、研究を通して社会へ貢献できる技術者を養成する。
管理工学科
幅広い学科目を設置し、視野を広げるとともに複雑な現実から問題点を抽出し、解決を図る能力を持つ技術者を養成する。
数理科学科
数学の基礎理論の理解を目標とし、変化する現代において本質的なものを見極める力を養う。
物理学科
物理的なものの考え方と柔軟な思考力を身につけ、どんな問題に直面しても立ち向かっていく能力と自信を持った人材を養成する。
化学科
幅広い化学のどの分野へも抵抗なく進むことができるよう、根幹となる基礎化学を習得し、さらに先端分野へ展開するプロセスを学ぶ。
システムデザイン工学科
社会環境や自然環境を視野に入れた問題発見能力を持ち、新たな工学的価値やデザイン方を創造することができる人材を育成する。
情報工学科
情報を有機的に効率よく交換させるための通信技術とその未来を正しく理解し、世界をリードする先端技術者を養成する。
生命情報学科
生き物の実験を行えるだけではなく、計算機も大いに利用できる能力を身につけるためのカリキュラムを設置。
世界経済をリードする新たな経済人の育成を目指す。
経済学科
理論を実践へと高めていく能力を開発できる教育を積極的に展開。また、さらなるカリキュラムの改革に取り組んでる。
全人的な薬学教育を通し、人類の医療と健康の増進に貢献できる人材を育成する。
薬学科
薬剤師という技能だけでなく患者の立場に立って考えることができる医療人としての資質を学び、患者を最優先したチーム医療を担う薬剤師を育成する。
薬科学科
自然化学に加え、薬学としての特徴的科目を学ぶことができるカリキュラムを設置。

2017年7月調査時のデータとなります。詳細な情報は学校公式ページをご参照下さい。
情報の正確性に関しては、免責事項をご覧下さい。