受験を知っ得 学費・生活費ガイド 入学してからかかるお金

実際に入学してからはどのくらいお金がかかるのでしょうか。
基本は「授業料 + 修学に必要な金額 + 生活費」が必要になってきます。
授業料は半期に一度、生活費は毎月必要です。突発的にゼミ研修やサークル等でかかる費用もあります。必要となる出費の内容をある程度把握しておくために、気になるポイントを解説します。

受験を知っ得 学費・生活費ガイド 入学してからかかるお金

学生生活にかかる費用の説明・内訳

年間の学生生活費(学費+生活)

区分(※大学学部 昼間部) 学費 生活費 合計
授業料その他の学校納付金 修学費 課外活動費 通学費など 小計 食費・住居費・光熱費 保険衛生費・娯楽・し好費・その他の日常費 小計
国立大学 506,700 135,800 642,500 553,300 315,900 869,200 1,511,700
公立大学 537,200 124,100 661,300 446,400 323,700 770,100 1,431,400
私立大学 1,210,000 150,900 1,360,900 314,100 328,900 643,000 2,003,900

*国公立の「食費・住居費・光熱費」が私立に比べて高いのは、自宅外の学生の割合が高いため

授業料と修学のための費用

入学してからかかる金額のうち、大半を占めるのが授業料。年間で、国立大が506,700円(標準額)、私立大が1,210,000円(平均額)となっている。学費の納入は前期と後期の開始時期(4月、9月)にあわせて年2回が一般的。

また、通学費(定期代)や研究費、教科書等の値段を含めると、プラスで年間15、6万円程度の費用を見込んでおいたほうがよいようだ。また、教材の購入時期は学費の納入時期と同じく前期・後期の開始時期。出費を見越して資金を用意しよう!

★教材は多くの場合大学生協で買うと組合員割り引きで安く買えるが、専門店やリサイクル店の方がバリエーションや値段の面で優れている場合もある。先輩に聞いてみよう!

生活費について

学校関連以外の費用では、年60~80万程度の生活費が必要になる。上記表を参照。

「居住形態別の年間の学生生活費」の表を見ると(右記参照)、自宅から通う場合に比べ、下宿をする場合は家賃や食費など、一人暮らしにかかる費用が大きな負担となることが読み取れる。

ただし、自宅から通う場合は時間的負担を考慮しないといけない。サークルやゼミ等で朝早く、夜遅くなる場合もあり、また通学時間がかかれば、交通費も比例して高くなることも頭に入れておきたい。

★通学定期を買う場合は、定期範囲内でアルバイトや遊びにいけると何かとお得!

居住形態別の年間の学生生活費(学費+生活費)【単位:円】

区分(※大学学部昼間部) 自宅 下宿・アパート
国立大学 1,090,100 1,743,500
公立大学 1,101,100 1,674,600
私立大学 1,759,400 2,492,500
平均 1,667,200 2,201,000

居住形態別の平均生活費(学生生活費-学校納付)【単位:円】

区分(※大学学部昼間部) 自宅 下宿・アパート他
国立大学 578,400 1,232,400
公立大学 568,000 1,135,200
私立大学 591,000 1,194,100

コラム学生アルバイターの実情

区分(※大学学部 昼間部)
アルバイター 家庭からの給付のみで修学可能 47.5%
家庭からの給付のみでは修学不自由・困難 36%
計 83.6%
非アルバイター 16.4%

※日本学生支援機構 平成28年度学生生活調査結果より

アルバイトをする学生は全体の83.6%
うち仕送りのみでは、就学が不自由・困難な学生は全体の36%にのぼる。親は子供が進学したらアルバイトをする前提で仕送りや授業料の支払いプランをたててもよいだろう。

CHECK!

  • 在学中にかかるお金の大半は授業料。学校の資料を請求したら親子で学費についてよく相談しよう。
  • 学費の納入にあわせて教材代も必要。学費分だけで安心しないように。
  • 下宿生の場合は家賃、自宅生の場合は交通費(と通学時間)が負担となる。

行きたい学校があるのに、毎月の学費や生活費を賄えるかどうか不安・・・

一人暮らしのお部屋を見てみる

  • 大学一覧はコチラ
  • 学生サポーターのオススメのお部屋
  • 専門学校一覧はコチラ
  • 路線からお部屋えお
Copyright © 2009 株式会社タウン情報サービス All Rights Reserved.