学生マンション・学生賃貸など、学生専門お部屋探しなら学生ウォーカー

閲覧履歴

閉じる

※閲覧履歴・保存リストのデータは、ブラウザに依存しているため
キャッシュクリア・閲覧履歴の削除をおこなってしまうと、
データが消えてしまいます。予めご了承ください。

  • 閲覧したコンテンツはありません

閉じる

※閲覧履歴・保存リストのデータは、ブラウザに依存しているため
キャッシュクリア・閲覧履歴の削除をおこなってしまうと、
データが消えてしまいます。予めご了承ください。

保存リスト

  • 保存したコンテンツはありません

閉じる

※閲覧履歴・保存リストのデータは、ブラウザに依存しているため
キャッシュクリア・閲覧履歴の削除をおこなってしまうと、
データが消えてしまいます。予めご了承ください。

  • 閲覧したコンテンツはありません

閉じる

※閲覧履歴・保存リストのデータは、ブラウザに依存しているため
キャッシュクリア・閲覧履歴の削除をおこなってしまうと、
データが消えてしまいます。予めご了承ください。

お知らせ

青山学院大学(青山キャンパス)

学生ウォーカーTV

履修登録 新入生がぶつかる壁!先輩に聞いてみた!
[全文書きおこし]

青山学院大学の学生さんにインタビュー!
今回のテーマは
「履修登録について教えてください!」
です!

青山学院大学 履修登録について教えてください

「履修登録は、青山学院大学はいわゆる楽単っていう授業といわゆる鬼単っていう授業があって。楽単っていうのは、結構テストが簡単とか、出席しているだけで(単位が)取れちゃう授業。鬼単っていうのは、授業を聞いても難しいし、テストもめっちゃ難しいし、しかも厳しくて単位もくれないのが鬼単だよね。」

「結構新入生でありがちなのは、めっちゃやる気があるじゃん、新入生って。興味がある、でも先輩とかに相談したらちょっときつそう(な授業)でも、俺はいく、みたいな。」

「めっちゃあるあるだけど、絶対に(単位を)落として後悔をするから。」

「キツイよね。」

「履修を組むときに、学校から配られた資料だけじゃ何が鬼単で楽単か見当もつかないし、めっちゃ大変だった気がする。毎日パソコンを持っていって、全然決まらないの。履修。」

「決まらない。」

「友達と集まって頑張って一緒に(履修を)決めていたけど、新歓に全然行っていなくて、全然学部の先輩に知り合いがいなかったから、友達の先輩にこれがすごくいい授業だよとか、ちゃんと単位が取れるよって聞いて、友達全員で一緒に履修登録をした。」

「そうだね。友達と(同じ授業を)取るのいいよね。テスト勉強とかも一緒にできるし。大学はクラスがないから200人とかいる授業だと、本当にひとりぼっちになってしまうから。(一緒に)テスト勉強をする人もいないし、テスト情報も分からないとかになるから、(授業は)友達と取った方がいいよね。」

「時間割の管理が本当に大変だった。」

「1授業が90分で、出席ありの授業と出席なしの授業があるよね。出席なしの授業は、行かなくてもテストができればいいですよって先生に言われるんだよね。行かなくても大丈夫な授業をポンポンポンって入れておけば、ちょっと余裕が出るよね。」

「新入生的に、楽単悪みたいなのがちょっとあるかも知れないけど…。分かるでしょ?まじめにやっていない、みたいな。でも、結局テストのときになると、それだけじゃないじゃん。ほかにいっぱい取らないといけない授業があって、必修で結構勉強の時間が取られるし、やっぱり鬼単取るとめちゃくちゃキツイし。」

「出席あるのに関しては、私は記録をしている。何回来たか、とか。」

「出欠管理。」

「そう、(出欠管理を)している。」

「それもめっちゃ大事。」

「高校のときは、何回出席したとかないじゃん。ほぼ行くじゃん。でも大学は、5回休むと落単、単位を落としちゃうから、この日は来たとか、この日は来ていないって記録を付けておくと、テスト間近になると、この科目は大丈夫大丈夫って管理ができる。」

「それは何で記録をしているの?」

「携帯で。」

「管理ができていなかったら大変だよね。」

「そう。テスト情報とか、小テストはいつありますって最初の授業で言われたとするじゃん。それも書いておかないと忘れちゃうじゃない。」

「大学だと、先生に僕何回休んでいますか、みたいなのを聞いても教えてくれない人とかがいるから…。」

「たしかに、厳しいね。」

「対応が、大人対大人っていう感じ。」

「高校のときは、同じクラスの子たちは同じ授業を受けていたから、分からないところがあったらすぐに友達に聞けたけど、大学生はみんなそれぞれ違う授業を取っているから、自分がその(授業の)日に休んだら、(授業について)聞く人が決まっている。その子もいなかったらもうアウトだし、情報を得るのが結構難しい。大学生は高校生と(違って)。」

「自分一人しか頼れないときとかがあるもんね。」

「そう。こんだけいろいろ大変な要素がいっぱいあるから、絶対に先輩にうまく教えてもらって履修登録をするのがいいよね。絶対に自分一人で(履修登録を)やらない方がいい。絶対に失敗する。」

「めっちゃ大変。」

「絶対に成功しないから。」

「間違いない。」

「その履修登録は絶対に失敗する。本当に、自分でどのくらい出席したのかの管理もしないといけないし、そもそも教室がどこ?とかさ。」

「それめっちゃ分かる。」

「教室が全然違ったりするから。大学生はみんな時間割アプリを使っている。」

「使っているかな?」

「使っていないの?」

「使っていない、俺。」

「高校生とか中学生は、(時間割が)みんな一緒だから、誰かに聞けば教えてもらえたりするけど、大学の時間割は人によって全然違う。みんながみんな違うじゃん。」

「全く違うよね。」

「教室と科目名だけじゃ結構困らない?出席カードを書くときに、教授の名前とか分からないじゃん。」

「そうね。だから、1回でちゃんと覚えないといけない。」

「本当に?アプリを見たら書いてあるのに。」

「そうなんだよ。だから、すごく人に聞いたりとかしていたから。いちいち、いちいち。」

「教授誰?みたいなね。」

「1週間経ったら、教授の名前を忘れてしまうから。」

「忘れるよね。」

「高校は、1つの教室でずっと(授業を)やっていたから、移動とかあまりなかったけど、大学は授業ごとに全然違う教室に行くから、どの授業がどの教室でっていうのが全く分からなくて。」

「全然覚えられなくない?」

「覚えられない。毎回時間割アプリを見て、この教室だみたいな。書いてある教室に行く。」

「絶対に(時間割アプリを)見るもん。見ないで(教室に)行けたことがない。」

「覚えられなかった。最初から最後まで忘れていたもん。」

「時間割アプリを使っている?使っていない?」

「使っていないんだよね。」

「使っていないの?時間割アプリ。どうやって(時間割を)管理をしているの?」

「学生サイトに自分の時間割があるから、科目名と教室名のスクリーンショットを撮って…。」

「スクリーンショットを撮って、その写真を毎回見るの?」

「その写真をiPhoneのロック画面に設定して…。」

「めっちゃダサい。」

「めっちゃダサいけど…。」

「それはよくないんじゃない?」

「絶対にモテないよ。そのロック画面は。」

「よくないし、スマホを渋谷で落としたとして、拾われたときにさ…。(ロック画面に)名前とか書いてあるんでしょ?」

「名前が入っちゃっているか…。」

「時間割アプリを絶対に使った方がいい。」

「使った方がいいか…。」

「Penmarkっていう時間割アプリがあって、今は慶應義塾大学でしか使えないのかな?慶應義塾大学専門(のアプリ)で。」

「それをみんな使っているの?慶應義塾大学の人は。」

「慶應義塾大学の人は、1万人(使っているらしい)。」

「すごい。」

「慶應義塾大学生の半分くらいが使っていて、1万人くらいが使っているらしい。」

「めっちゃ使っているじゃん。」

「来年度から青山学院大学でも使えるんだって。」

「使いたい。」

「全国の大学に展開していって、慶應義塾大学以外でも使えるようになるって。青山学院大学も使えるようになるから、入れた方がいいよ。Penmarkのアプリだったら、月曜2限を押したらシラバスから月曜2限の授業が選べて、自分の授業、例えば化学だったら化学を選んで、(同じように)自分の授業を選んでいったら(アプリに)入る、みたいな。」

「友達の(時間割)も見られるの?」

「友達ともカレンダーを共有できるみたい。」

「私は、(友達の時間割の)スクリーンショットをもらって保存していた。これは誰の時間割、って。」

「それはだるいじゃん。」

「たしかに、だるいね。」

「アプリの中に友達機能があって、友達の時間割をもらえば、今日3限空いているなとかが分かる。」

「めっちゃ楽じゃん。」

「(一緒に)オシャランも行けちゃう。」

「暇なときに(空いている人を)探せる。探しやすい。」

「そういうことか。空いている人誰かなって(探して)、その人だけに連絡が取れるっていうことか。」

「私はそれを写真アプリでやっていた。だから、仲がいい人は(時間割のスクリーンショットを)全部登録して…。」

「誰の時間割、誰の時間割って?」

「そうそう。それを見て、今誰が暇かなって(探していた)。」

「写真アプリだと、どこにあるのか分からなくなってくるじゃんか。」

「なるね。たしかに。」

「大学生に絶対に必要なのは、履修登録を聞ける先輩と、時間割アプリ。」

「間違いない。」

「この2つで授業の組み方は失敗しない。」

「最初から(時間割アプリを)ダウンロードしておけばよかったわ。」

「便利な世の中だから、そういうツールを使って履修登録(をした方がいい)。高校の時間割を組むよりも、大学の履修登録って複雑だし難しいから、そこを乗り越えていってほしいよね。」

「いろいろアプリがあるけど、その中でも見やすくて使いやすいものを見極めて使うべきだと思う。」

「履修登録の壁は、人の力とアプリの力で越えられる。オチました?」

「上手いですね。バッチリですよ、バッチリ。」

無料
青山学院大学専用 学生スタイルを無料でプレゼント! img
学生スタイル
東京一人暮らし応援団 「新生活応援係」が発行する、首都圏一人暮らしお役立ちマガジン【学生スタイル】を今なら無料で送付してもらえます!
首都圏の大学、専門学校と提携も行っているアイワホームには、不動産に精通した元気なスタッフがいます。お部屋選びのためのご案内・アドバイス等、親身になって対応してくれます。

この動画を見た人にオススメ

この学校のページをみてみる

青山学院大学(青山キャンパス)
  • 学生が選んだオススメ物件ランキング
  • 在学生アンケート
  • 青大生さんと交流会

動画ランキング

一人暮らしのお部屋を見る

このページをみた人にオススメ

動画カテゴリ一覧

動画テーマから探す
学校から探す