推薦入試

推薦入試の学力把握措置

推薦入試は、出身高校の校長の推薦に基づき原則として学力検査を免除し、調査書を合否判定の主な資料として用いていましたが、AO入試同様に『学力把握措置』における下記の内容が通知されています。

CHECK!

各大学は、高等学校の教科の評定平均値を出願要件(出願の目安)や合否判定に用いることとし、その旨を募集要項に明記すること。なお、推薦書・調査書だけでは入学志願者の能力・適性等の判定が困難な場合には、
①各大学が実施する検査(筆記、実技、面接等)の成績
②大学入試センター試験の成績
③資格・検定試験などの成績これらの措置の少なくとも1つを講ずることが望ましい。

評定平均値は、高1~高3の1学期までに履修した全科目の成績を合計して、加算したすべての科目数で割った数値となるので、学校で行われる定期テストが大きく影響します。日ごろの取り組みが大切になってきます。

推薦入試の選考方法

  • ①書類審査のみ
    ※書類とは調査書・推薦書・提出作文など
  • ②書類審査+面接
  • ③書類審査+小論文+面接
  • ④書類審査+学力試験+小論文+面接
  • ⑤書類審査+学力試験+面接
  • ⑥書類審査+実技試験+面接

もっとも一般的な選考方法が
③「書類審査」+「小論文」+「面接」とされている。

①・②は、私立大学に多いパターン
④・⑤・⑥は、国公立大学に多いパターン

ここに注意!

国公立大学の推薦入試には、センター試験を課す場合と課さない場合があります。志望校がセンター試験を課す場合は、入試科目のチェックをしておく必要があります。また、「課す」「課さない」場合で選考日程が異なるのでその点も注意しておきましょう。

「公募制推薦入試」と「指定校推薦入試」

推薦入試は主に「公募制」と「指定校制」の2つの募集方法があります。ここでは、それぞれの特徴や受験までの流れをご紹介します。

公募制推薦入試

特徴

  • →大学ごとの出願資格を満たして、高校から推薦書をもらえば誰でも受験が可能。
  • →国公立大学は併願はできないが、私立大学の場合は併願可能な大学もある。
  • →高卒生(浪人生)も出願可にしている大学もある。

受験までの流れ

  • ①高校から推薦書をもらう
  • ②出願書類の提出
  • ③書類審査
  • ④大学での入学試験
    ※面接や小論文など試験内容は大学によって異なる。

指定校制推薦入試

特徴

  • →大学から指定された高校だけがその大学に応募できる。
  • →学校内での推薦条件を満たせば(校内選考に合格)、ほぼ無条件で合格となる。
    ※面接などで稀に不合格になる場合も
  • →指定校推薦での受験は原則的に「専願受験」となる。
  • →指定校推薦は現役生のみに応募資格がある。

受験までの流れ

  • ①高校への受験の意思を伝える
    ※大学からは1学期末までに指定する高校へ推薦状が送られる。志望大学の推薦枠があるか高校の先生に確認しておこう!
  • ②校内選考
    ※受験希望者の中から高校内で推薦者を選抜、選考基準は高校独自
  • ③大学での入学試験
    ※面接や小論文など試験内容は大学によって異なる。

AO入試・推薦入試の主な情報

大学情報を探す