早稲田大学 学生の1年スケジュール

商学部2年 柏木 裕大さん(仮名)
ゴルフサークル所属
僕の1年間スケジュールを紹介します!
大学は、自分次第でなんでも出来るのが魅力の一つです。
初めての一人暮らしに、新しい出会い、大学での専門的な授業、他にもたくさんのことを経験できる貴重な学生生活。
勉学はもちろんですが、大学のサークル活動へ参加したり、友達と海外旅行に行ったりと大学生活を満喫しています!
4月April

桜満開の入学式
入学式
初めての東京での一人暮らし、 新しい友達との出会い。
これから早稲田大学での学生 生活がスタート!

大学での授業風景
前期授業開始
いよいよ授業のスタート。
大学は自分の受けたい授業を履修します。
大きな講義室で、高校とは比べものにな らない大人数での授業。

たくさんの友達が出来る新歓
新歓
4月は新歓活動が盛んに行われていました。
新歓には4~5回参加しました!場所は大体高田馬場駅前のお店です。
1年次は参加費が0~500円でおいしいものが食べれました!
新入生の特権ですね!笑
いろいろなサークルの新歓に参加することで、この時期にたくさん友達ができました!

 参加費¥500
5月May ~ 6月 June
早稲田100キロハイク
100ハイは早稲田大学の3大 イベントの1つ。みんなコスプ レをして本庄から早稲田大学ま で歩きます。仮装行列みたいで 楽しかったです!
 7月July
7月下旬、前期末テスト
単位を落とすわけにはいかなにので、 必死に勉強しました。 ここを乗り越えれば、いよいよ夏休 み!
8月 August

北海道の実家

高校時代の友達とカラオケへ
夏休み!4カ月ぶりに実家に帰省
夏休みは実家1ヵ月半程帰り、ゆっくりしていました。 久しぶりに家族と会いました。やっぱり実家は落ち着 きますね。 高校時代の友達ともカラオケへ♪元気をもらいました!

カラオケ代¥1,000

サークルのみんなで集合写真
サークルの夏合宿
後半にはサークルのみんなで群馬へ夏合宿に行きました。OBの方々も参加しての初合宿は 楽しかったです!夏の良い思い出になりました。 合宿代も学生ツアーを利用したので、移動バス代・食事代込で17,000円の激安合宿でした! でも、宿舎は少し古かったですね…
9月 September 
9月下旬、後期授業開始
夏休みも終わり、久々の授業。 大学の友達と会うのも新鮮な気持ち。 後期も引き続き勉学に励みます!
10月 October
早慶戦
早稲田VS慶應の野球戦。 午前中から始まる応援練習に参加しました。 本番も応援合戦は、会場は大盛り上がり!! 会場の一体感がスゴかったです!
11月 November

みんなで協力してワッフルを販売!
早稲田祭
大学の学祭には有名人も多数来場します!このときはアジカンやAKB48がライブを行い、大盛り上がりの学祭となりました!
所属サークルではワッフルを販売。ワッフルの売り上げが良く、打ち上げの会費はタダでした♪ 頑張ったかいがあった!
12月 December
短い冬休み!
サークルでスノボ合宿へ
1泊2日、スノボー合宿は長野県へ。 あたり一面真っ白の雪に覆われ、み んなのテンションも上がってます!! 夏合宿と同じく部屋はまあまあ汚かっ たです(笑)

1泊2日 15.000円
1月 Janyuary
後期末テスト
1年間を締めくくる大切な試験。 基礎的な授業が多かったこの1年間、 来年はもっと専門的な勉強をすること になります!
2月 February
春休み、韓国旅行へ
春休みのメインは大学の友達と一緒に行った海外旅行!この旅行の為にアルバイトをしてコツコツ貯金 をしてきました。初めての海外は何もかもが新鮮! また、来年も行きたいな。

旅費 25,000円

お土産代・食事代 13,000円
2泊3日 38.000円
3月 March
卒業式・追いコン
お世話になった4年生の先輩を 送る会。 スーツで正装して涙のお別れ・・・ とはならず、笑顔で送り出しました!

カラオケ代 1.000円
一年を振り返って
こうして見てみると、サークル合宿や海外旅行、実家に帰省したりと外泊も多いですね。 それと同時に、旅費などの費用もかかっているなぁと実感しました!ちゃんと節約もしないと。 初めての一人暮らしで不安もありましたが、自立する良いきっかけになったと思います。 自分が興味のある商学を学び、新しい仲間もでき、自分の時間を有意義に使えた楽しい 1年間でした!

※掲載内容はすべて取材当時のものです。
現在の内容・状況とは異なる場合がございます。

それぞれの特徴をつかんだら・・・実際に理想のお部屋を探してみよう!
  • 早稲田大学(早稲田キャンパス)

早稲田大学(早稲田キャンパス)専用 学生スタイルをもれなくプレゼント。
在学生が選んだお部屋がたくさん掲載されているので、先輩がどんなお部屋に住んでいるのか知りたい方にオススメです。

  • 学生スタイルをもらう