学生マンション・学生賃貸など、学生専門お部屋探しなら学生ウォーカー

閲覧履歴

閉じる

※閲覧履歴・保存リストのデータは、ブラウザに依存しているため
キャッシュクリア・閲覧履歴の削除をおこなってしまうと、
データが消えてしまいます。予めご了承ください。

  • 閲覧したコンテンツはありません

閉じる

※閲覧履歴・保存リストのデータは、ブラウザに依存しているため
キャッシュクリア・閲覧履歴の削除をおこなってしまうと、
データが消えてしまいます。予めご了承ください。

保存リスト

  • 保存したコンテンツはありません

閉じる

※閲覧履歴・保存リストのデータは、ブラウザに依存しているため
キャッシュクリア・閲覧履歴の削除をおこなってしまうと、
データが消えてしまいます。予めご了承ください。

  • 閲覧したコンテンツはありません

閉じる

※閲覧履歴・保存リストのデータは、ブラウザに依存しているため
キャッシュクリア・閲覧履歴の削除をおこなってしまうと、
データが消えてしまいます。予めご了承ください。

お知らせ

工学院大学(八王子キャンパス)

学部・学科情報

工学院大学(八王子キャンパス)
の学部・学科情報

先進工学部

将来の進路を見据え、2つの教育プログラム「学科教育重視型:技術者・教職者育成プログラム」「大学院接続型コース:研究者・開発者育成プログラム」を用意。
最先端の科学技術を開拓していくことを目指し、国際社会の発展に貢献できる人材を育成する。

生命化学科
自然科学の基礎・ミクロの世界のものづくりを学び、分子構造式・化学反応式を身につけ、有機化学・生命化学の両方の領域を修得。創薬・医療・生物資源開発に応用できる知識を養う。
応用化学科
5つの基礎科目(有機化学・無機化学・分析化学・生物化学・物理化学)を重視し基礎を固め、3年次より2つのコース「応用化学コース」「生活・食品化学コース」より実践的な学び・専門性を高める。
環境化学科
環境科化学を学ぶための自然科学・工学の基礎を学び、化学と工学の知識を習得。3年次からは、環境システム工学や環境材料化学・環境評価・設計に関する専門的知識を習得していく。
応用物理学科
応用物理学の基礎(自然科学や電磁気学、熱・統計力学、光学、量子力学等)から学び、3年次からは2つの専攻「応用物理学専攻:物質・材料を題材に応用物理学を学ぶ」「宇宙理工学専攻:宇宙を題材に応用物理学を学ぶ」より専門的知識を学修する。
機械理工学科
数学や物理などの基礎科目・機械系専門科目を学び、グローバルな規模で実践的課題解決する能力を修得する。2つの専攻「機械理工学専攻」「航空理工学専攻:5つのコースを選択し履修(エアラインパイロット指定校推薦コース/JCAB事業用 国内ライセンサーコース/JCAB事業用 海外ライセンサーAコース/JCAB事業用 海外ライセンサーBコース/FAA事業用・CFIコース)」を設置している。

工学部

専門家としての科学と技術を実践的かつ幅広い教育を通じて身につけ、科学技術の発展に寄与する技術者育成を目指す。

機械工学科
数学や物理学・情報処理等の基礎的学問を修得、機械設計に関わる4力学(材料力学・流体力学・熱力学・機械力学)を集中的に学ぶ。専門領域よりコース「エコエネルギーコース」「メカノデザインコース」を選択し、機械技術者としての専門的な学修に取り組み、課題研究を行う。
機械システム工学科
機械工学の基礎・機械システムを設計する知識の習得、機械システムの実践能力の育成、4力学(材料力学・流体力学・熱力学・機械力学)と機械学をマスターし、最先端の要素技術を学ぶ。
電気電子工学科
電気電子技術者を育てるカリキュラムが用意されており、電気電子工学の専門領域を学び、持続可能型硬度情報化社会で活躍できる能力を身につける。

建築学部

日本初の建築学部。
幅広い分野の基礎教育と充実した教養教育、専門家となるための教育プログラムを準備している。3学科を横断するカリキュラムは幅広い知識を学ぶことができ、12分野の1つに軸足を置きながら他分野を自由にカスタマイズし履修。一級建築士・建築の専門家としての知識を身につける。

まちづくり学科
4つの分野(都市デザイン/環境共生/ランドスケープデザイン/安全・安心)を柱とし、多角的視点より住みよい街について考え、基礎知識をベースに、快適で持続可能なまちをつくるための知識や技術・マネジメント能力を修得する。
建築学科
4つの分野(建築計画/建築構造/建築設備/建築生産)を柱とし、快適なくらしを維持し・災害に強く・現代社会のニーズにあった建築技術・手法を学ぶ。
建築デザイン学科
4つの分野(建築デザイン/インテリアデザイン/福祉住環境デザイン/保存・再生デザイン)を柱とし、快適で使いやすく・機能的で美しい建築やインテリア・住環境・保存再生のデザインを学ぶ。

情報学部

1年を4期に分けるクォーター制を導入しており、学生一人ひとりの理解度を確認し、数学やプログラムなどの基礎学力をベースに、専門技術を体系的に学修。高度情報社会の実現に向けた情報技術者の育成を目指す。

情報通信工学科
「情報通信・情報メディア・情報デバイス」の3分野に必要となる知識を学び、情報・通信・電子の実践力を養い、より専門的な教育を修得していく。
コンピュータ科学科
数学や物理の基礎学力を固め、理論・実験からコンピュータを学び、3つの柱(ソフトウェア設計/セキュリティ/コンピュータ応用)より、高度で専門的な学修を行う。
情報デザイン学科
3つの分野(コンテンツ設計/人間情報/知識情報)を学びの柱としている。情報をデザインする方法の習得・情報技術と人のかかわりを学ぶ。
システム数理学科
「データ科学/経営情報/情報インフラ」の学びの柱より、社会や企業の情報システムを構築する手法・ビッグデータ分析/AIなどの活用方法を修得する。

2020年8月調査時のデータとなります。詳細な情報は学校公式ページをご参照下さい。
情報の正確性に関しては、免責事項をご覧下さい。