中央大学 (多摩キャンパス)の学部・学科情報

法律学科
進路に応じた多様な授業があり、法律科目だけではなく、教養・語学などの科目を含む導入・基礎科目や応用・発展科目によりカリキュラムが構成されている。
国際企業関係法学科
多彩な専門科目を通じ、国際社会における企業活動で生じる問題を考察し・解決策を発見する法的思考力を身につける。
政治学科
政治学・法学・経済学の基礎知識をもとに、批判的・論理的に対応する力をつける
経済学科
統計学や計量経済学・基礎マクロ経済学・基礎ミクロ経済学などを学び、実証的分析方法を修得する。様々な専門科目があり、進路に応じて体系的な知識を身につけることができる。
経済情報システム学科
経済活動を支えている生産、流通、情報システムを体系的に学習し、経済的諸問題に対応できる能力や、会計専門職を目指す上で必要な知識を身につける。
国際経済学科
日本と諸外国の間の経済問題を学ぶのが特徴。また、国際経済学や国際金融論などを重点的に学ぶ。
公共・環境経済学科
国や地方公共団体などの公的機関だけでなく、NGOやNPOなどの民間団体・多国間機構などが担う多くの種類の活動を学習する。また、組織の運営方法・環境政策のあり方を学ぶ。
経営学科
経営戦略の立案や組織管理・情報管理などのマネジメントを学問対象とし、企業活動の管理・運営を研究する経営学を中心に学ぶ。
会計学科
自治体や企業などの経済活動を貨幣的に測り、その情報を債権者や株主などに伝達するための手段や制度を研究する会計学を中心に学ぶ。
商業・貿易学科
マーケティング・流通・国際貿易という研究分野を中心に、それらの理論と実務を体系的・実践的に学ぶ。
金融学科
経営資金の調達と運用を学問対象とし、企業の金融・財務活動、金融経済の理論や制度、金融機関の活動などについて体系的・専門的に学ぶ。
人文社会学科
1学科13専攻(国文学・英語文学文化・ドイツ語文学文化・フランス語文学文化・中国言語文化・日本史学・東洋史学・西洋史学・哲学・社会学・社会情報学・教育学・心理学)で構成されている。副専攻制度が充実している。
政策科学科
多様な価値観と政策との関連性を分析する能力を身につけ、物事を総合的に考え・政策立案に生かす人材の育成を目指す。
国際政策文化学科
文化理解に関する科目に併せ、政策科学科の科目を履修することで文化的背景を理解し、多元価値の共生する社会モデルを構築する能力を養成する。
国際経営学科
国際的ビジネス感覚と高度な英語運用能力を身につけたグローバル ビジネスリーダーの育成をめざす。

2018年8月調査時のデータとなります。詳細な情報は学校公式ページをご参照下さい。
情報の正確性に関しては、免責事項をご覧下さい。