仏教学・禅学を通し、様々な思想や文化のひろがりへの知見を広める。
禅学科
仏教を学ぶための基礎的な知識や技術を身につけ、さらに発展的に仏教・禅を学んでいく。
仏教学科
仏陀の教えを現代に受け継ぎつつ、歴史・思想・文化などを多面的に考察しながら知性・教養・豊かな人間形成を目指す。
地図や年表・書物やデータ・室内の実験や野外の調査など、あらゆる素材と手段を通して、人間を内と外から読み解き学ぶ。
国文学科
国文学と国語学を学ぶことで深い洞察力や研ぎ澄まされた感性、理論的な思考力を養う。
英米文学科
イギリス文学、アメリカ文学、英語学からなり、文学と語学の研究を通じて国際感覚を育む。
地理学科
地域文化の特色やそれを育んできた背景について研究する「地域文化研究専攻」とデスクワークはもちろん、フィールドワークなどの実践的な学びを融合させることで多角的に地域の環境について考え、人と自然、社会との関わりを探求する「地域環境研究専攻」の2専攻を設置。
歴史学科
史料から歴史を読み解き、先人の歩みを追体験するように学ぶことができる「日本史学専攻」、国ごとの価値観・文化の多彩さを知ることができる「外国史学専攻」、実践的な学びにより高い専門性と豊かな人間性を養うことができる「考古学専攻」の3専攻を設置。
社会学科
社会を複眼的に理解し、人間力と問題解決能力を高める「社会学専攻」と、福祉の専門性と思いやりの心を兼ね備えた教養人の育成を目指す「社会福祉学専攻」の2専攻を設置。
心理学科
行動に潜む心理を、基礎を重視した教育で着実に習得。
少人数教育と学科間にまたがる科目履修により、学生のニーズに柔軟に応え、自立性を備えたプロフェッショナルを育成する。
経済学科
ヒト・モノ・カネの動きをダイナミックにとらえ、人間の営みのあり方を考える。
商学科
企業活動と運営のメカニズムを学び、理論的な基礎知識からビジネスの第一線で活かせる応用力まで、幅広い能力を養う。
現代応用経済学科
創造的かつ実践的なカリキュラムで最先端の経済学を吸収し、新時代の日本経済を担う人材を育成する。
政治に関する理論・歴史・国際関係・政策を幅広く理解し、心理学・社会学・歴史・思想を含む科目により、社会に関する総合的教養を養う。
法律学科
現代にある複雑な問題を解決する方法を導き出すためのリーガルマインドに根ざした思考力と判断力を養う。
政治学科
次代を担える知識と能力を養い、地域社会、国際社会、メディアの世界で活躍できる人材を育成。
多岐にわたる経営学の知識をはじめ、語学やコンピュータならびに法律に関する基礎なども幅広く習得。
経営学科
企業を取り巻く社会や環境との関わりを学び、実社会の第一線で活躍する企業人を育成。
市場戦略学科
マーケティングを中心とした市場戦略に関わる様々な課題を、主体的・具体的・定量的に解決する能力を習得する。
高度な知識と技術だけではなく、思いやりの心と幅広い教養を備えた真のプロフェッショナルの育成。
診療放射線技術科学科
「診療技術科学コース」「画像技術科学コース」の2コース編成により診療放射線技師を育成する。
情報伝達手段であるメディアとコンテンツに関して、自由な発想のもとに研究する場を提供。
グローバル・メディア学科
分野の垣根を越え、多角的・複合的な手法でグローバルな問題に取り組む能力を育む。

2018年8月調査時のデータとなります。詳細な情報は学校公式ページをご参照下さい。
情報の正確性に関しては、免責事項をご覧下さい。