武蔵大学の学部・学科情報

変化する社会で役立つ、経済の基本と「自ら考える力」を身につける
経済学科
「国際経済・経営」「経済学と現代経済」の2コースを設置。経済学の理論や実証、歴史を学び、経済学的な視点を養います。また、世界各地域の動向を捉えながら、国際貿易や金融、多国籍企業の理論と実際を体系的に学び、国際社会で通用する人材を育成。英語力の向上や留学を目指す学生のための科目も充実しています。
経営学科
「ビジネス」「ビジネスデザイン」「企業会計」の3コースを設置。経営学の理論を体系的に学びながら、事例研究やビジネス・プランの提案などを行い、企業経営の実践力を養います。経営戦略や会計学、経営情報など、幅広い分野の学習を通じて、多方面で活躍できる人材の育成に力をいれています。
金融学科
「金融」「証券アナリスト」の2コースを設置。全国的にも数少ない金融学科で、金融のしくみ、金利や株価の決定といった金融の基礎から、新しい金融商品を作り出す「金融工学」という分野まで幅広く学べます。武蔵大学の教授陣が出版したテキストを使用し、半年間で金融の基礎をしっかりと身につけます。
それぞれの地域の文化・言語を学び、国際的な視野と複眼的思考を磨く
英語英米文化学科
「言語・言語教育」「文学・芸術」「歴史・社会・文化」「グローバル・スタディーズ」の4コースを設置。実践的な英語力の向上を目指しながら、英米をはじめとする英語圏諸国の社会や文化を幅広く学ぶことで、グローバル社会におけるコミュニケーションの質を高めます。
ヨーロッパ文化学科
「言語と文学」「芸術と生活」「歴史と思想」「環境と社会」「グローバル・スタディーズ」の5コースを設置。ヨーロッパの歴史と文化を近年の動向も踏まえて学びます。留学制度を利用し直接肌で文化を感じてみましょう。また、ドイツ語、フランス語を第一外国語とし、語学力の向上も図ります。
日本・東アジア文化学科
「日本文化」「東アジア文化」「比較・交流文化」「グローバル・スタディーズ」の4つのコースを設置。東アジアの視点から日本文化を複眼的・国際的に学びます。他のコースの講義・演習も自由に受けられ、【ことば・文学・思想】【身体・環境・芸術】【歴史・民俗・宗教】の3分野に、方法論と地域研究を組み合わせた授業を展開しています。
社会問題に正面から向き合い、実態に切り込むための手段を身につける
社会学科
「社会問題とエンパワーメント」「国際社会とネットワーク」「文化とアイデンティティ」「グローバル・データサイエンス」の4コースを設置。社会学の理論や方法を総合的に学ぶとともに、物事を多角的にとらえる視野・思考を育てます。関心に応じて自分なりの考えを論理的にまとめ、人に伝える力を身に付けます。
メディア社会学科
現代社会が抱える諸問題を社会学的に把握し、メディアの理論や調査の方法を学び、アンケートやフィールドワークを行います。調査をもとに実制作し、メディアを活用した情報発信について学びます。

2018年8月調査時のデータとなります。詳細な情報は学校公式ページをご参照下さい。
情報の正確性に関しては、免責事項をご覧下さい。