専修大学 (生田キャンパス)の学部・学科情報

社会の進むべき方向を見抜く洞察力を養う。
経済学科
「歴史と発展コース」「企業と情報コース」「福祉と環境コース」「市場と政府コース」の4コース。「歴史」「理論」「政策」という主要な3分野を体系的に学ぶことで日本経済の仕組みを知るとともに、 ディスカッションを通して、生きた経済の本質や経済を動かす人間の心に迫る。
国際経済学科
世界各国の経済事情を研究する科目を豊富に設置し、語学力だけでも理論だけでもない、バランスのとれた国際派を育てる。
「経営」「経済」「マーケティング」「会計」「情報技術」の5つの切り口で捉え多面的に企業組織を分析し解決策を探る。
経営学科
企業が求めているのは、自分で考え、行動できる人であり、ビジネスの現場で活きる観察力、判断力、創造力を養う。
自らの課題を深く、広く学び実社会で役立つ知恵を蓄える。
日本語学科
外国語を学ぶのと同じように日本語を学び本語を世界の言語のひとつとしてとらえ、日本語が持つ様々な特徴や性質を探っていく。
日本文学文化学科
イタリアやドイツ、韓国の学生とともに受け入れられている日本文学と文化から、自分が熱中できるものを探し、研究していく。
哲学科
日常のなかでふと感じる疑問をやり過ごさず、具体的な研究課題として取り組むことができる教育環境を用意し、哲学の広い領域から関心のある分野を探る。
歴史学科
日本史、東洋史、西洋史という従来の歴史研究の枠組みを離れ、地域や時代で完結しない、大きな歴史の流れを意識して学ぶことに挑む。
環境地理学科
人がいきいきと活動する地域の景色や空気、自然の姿に触れることで、身近な視点から都市開発や地域福祉、環境問題の解決に貢献できる人材育成をめざす。
人文・ジャーナリズム学科
「東西文化コース」「生涯学習コース」「ジャーナリズムコース」の3コース設置。語学力と異文化を理解する心、情報を読み解き発信する力、健康で生きがいのある社会を思う想像力を養う。
英語英米文学科
「英語コミュニケーションコース」「英語文化コース」の2コース編成。英語力だけではなく、異文化を理解するための専門知識と教養を身につける。
「心」と「社会」の両面から人間を科学する。
心理学科
基礎・実験系から、カウンセリングなど臨床系の科目まで、幅広い領域を学び、人間の心のメカニズムを科学的に解き明かす。
社会学科
「文化・システム系」「生活・福祉系」「地域・エリアスタディーズ系」の3つの領域に分けてカリキュラムを構成し、文化、コミュニケーション、福祉、家族、労働、地域社会、都市など対象を広範囲とし、実証的にアプローチする。
8つのプログラムから具体的に情報学を学ぶ。
ネットワーク情報学科
「コンテンツデザイン」「メディアプロデュース」「ネットワークシステム」「フィジカルコンピューティング」「経営情報分析」「ITビジネス」「社会情報」「情報数理」の8プログラムにより構成され、文系・理系の両方にまたがる広範な情報学をカバー。
会計、マーケティング、ファイナンス、ビジネスにおいてバランスのとれたカリキュラムを用意。
マーケティング学科
「マーケティングコース」「ファイナンスコース」「グローバルビジネスコース」「ビジネスインテリジェンスコース」の4コース。広い視野からの「ビジネス・マインド」の要請に沿ったかたちで教育を展開。
会計学科
「会計プロフェッショナル」「財務会計」「管理会計」「財務情報分析」の4つの履修モデルを用意。実学としてのビジネス教育を理論的な視野も加味させながら、学生の興味・関心をベースに進路を見出す。

2017年7月調査時のデータとなります。詳細な情報は学校公式ページをご参照下さい。
情報の正確性に関しては、免責事項をご覧下さい。