帝京大学 (八王子キャンパス)の学部・学科情報

国際経済学科
日々変化する世界の国・地域の経済をリアルタイムで学ぶ。経済に加え、政治や歴史、文化などの分野を学び、多様性に富んだアジア経済を理解する。
経済学科
基礎となる経済理論に加え、国際的視野に立ち、現実の日本経済を直視・分析・対応する能力を培うことができる実学重視のカリキュラムが設定されている。
経営学科
入学後に、経営一般を深く学ぶことができる「経営コース」、会計とその実践を学ぶことができる「企業と会計コース」、スポーツ関連の経営を学ぶことができる「スポーツ経営コース」を選択することができる。
観光経営学科
現代社会における観光の意義を理解し、観光商品の生産・流通・消費のメカニズムを把握することができるカリキュラムが設置されている。観光地の計画と経営、その枠組みとなる政策・法制などの教育・研究を通じて、地域振興やまちづくりに貢献できる人材を育成する。
法律学科
理論の解説だけでなく、実学としての法律を重視しており、“生きた法律”の修得を目指す。「司法コース」「ビジネス法務コース」「現代社会と法コース」の3コースが設置されている。
政治学科
2018年4月開設。「公共政策コース」「政治コース」の2コースを展開。グローバルな視野と柔軟な発想力をもち、現代社会の諸問題を解決できる人材を育成する。
日本文化学科
多彩な分野に教員スタッフが充実しており、“日本文化の特質とは何か”というテーマを深く掘り下げて研究するためのユニークな授業が行われている。
史学科
「日本史コース」「東洋史コース」「西洋史コース」「地理学コース」「考古学コース」「美術史・文化遺産コース」の中から、関心のあるコースを選択することができる。コース別に講義や演習(実習)、史籍講読などを組み合わせ、専門的分野をより深く学ぶことができる。
社会学科
社会のしくみについて実践的に学ぶとともに、高度な専門知識や論理的な思考力などを養う。
心理学科
心理学および関連領域にわたる多彩な科目を開講しており、幅広い学習が可能。「基礎心理コース」「発達心理コース」「社会心理コース」に分かれ、専門的な分野に取り組む。
外国語学科
自国語とは別の言語の修得を目指し、その言語が使用される国・地域の固有な文化・歴史を学び、国際社会に貢献できる人材を養成する。
教育文化学科
中・高の教員、公務員や企業における教育関連職など幅広く教育に関わる人材育成を目的とする。中学校教諭一種(英語・社会・保健体育)、高等学校教諭一種(英語・地理歴史・公民・保健体育)などの修得を目指す。
初等教育学科
小学校教諭、幼稚園教諭を目指す「初等教育コース」と幼稚園教諭、保育士を目指す「こども教育コース」が設置されている。初等教育および保育の進展に寄与する人材を育成する。
スポーツ医療学科【健康スポーツコース】
ライフケアの分野で活躍するスペシャリストを養成する。人間を多面的に理解できるようなカリキュラム編成で、人々に信頼される豊かな人間性と国際性を身につける。

2017年7月調査時のデータとなります。詳細な情報は学校公式ページをご参照下さい。
情報の正確性に関しては、免責事項をご覧下さい。