跡見学園女子大学の学部・学科情報

豊かな教養と高い人格を兼ね備えた近代的な女性の養成をめざす。
人文学科
「日本文学」「国際教養」「創作・表現」「日本史」「美術史」「西洋史」「総合文化」「現代社会・思想」の8つの履修モデルを持つ。高範囲な学習領域により深く広い知識を蓄え、教養や感性を磨く。
現代文化表現学科
国際的に高評価を得ている日本のカルチャーやコンテンツを中心に学び、文化表現に関する学問的知識と実践的知識を備え、文化創造を担う人材を育成。
コミュニケーション文化学科
「日本語コミュニケーション」「英語コミュニケーション」「コミュニケーション理論」の3つの履修モデルを設置。コミュニケーションの基礎となる表現法、伝達法を学び、多くの人と理解しあえる多文化共生社会の実現をめざす人材の育成をめざす。
マネジメントを学ぶことで社会的に有用な人材の育成をめざす。
マネジメント学科
「企業マネジメント」「公共マネジメント」「文化マネジメント」の3つの履修モデルを設置。世の中のあらゆる現象をマネジメントの視点で分析する力を養い、将来的に活躍する女性を輩出することをめざす。
生活環境マネジメント学科
「衣食住マネジメント」「社会生活マネジメント」「環境マネジメント」の3つの履修モデルを設置。生活者視点でのマネジメントを考え、有限な資源の循環と快適な生活のバランスを維持する循環型社会に特化した知識と能力を身につける。
観光とコミュニティから地域活性することができる「デザイン能力」をもった女性の育成を目指す。
観光デザイン学科
ホスピタリティ・マネジメント・発掘発信の3つの能力からなる「観光デザイン能力」をみにつけ観光産業で活躍する人材を育成する。
コミュニティデザイン学科
「コミュニティ分野」「ビジネス分野」「社会貢献分野」の3つの履修モデルを設置。地域特有の資源を活用する、地域社会に根差したコミュニティデザインを学ぶ。
心理学の知識と技術を社会、仕事、人生に活かすことのできる女性の育成をめざす。
臨床心理学科
「プロフェッショナル」「ワーク」「ライフ」の3つの履修モデルを設置。スクールカウンセラーや心理臨床家、一般企業で活躍する人材など、臨床にかかわる幅広い領域の心理学を学ぶ。

2019年9月調査時のデータとなります。詳細な情報は学校公式ページをご参照下さい。
情報の正確性に関しては、免責事項をご覧下さい。