「健康を維持する栄養とは何か」から調理技術まで、実験と実習を中心としたカリキュラムで体感しながら身につける。
1年次には和・洋・中・製菓製パンの基礎から幅広く学び、総合力と実践力を身につける。2年次にはさらに全分野のよりレベルの高い調理実習、飲食店を経営するための知識を学ぶ。
和・洋・中・製菓製パンの調理だけではなく、テーブルサービスやワインなど、プロの調理人に必要な知識・技術を総合的に学ぶ。
調理師科昼間部と同様に、調理実習では日本、西洋、中国、製菓製パンの全分野の基礎から真空調理などの高度な調理技術までをしっかり習得する。
有名店やホテルなどで活躍する超一流のプロから直接楽しく学べる製菓、製パン専門コース。製菓の基本である生地作りから学ぶ。
「西洋料理コース」「中国料理コース」「日本料理コース」「製菓・製パンコース」「ワイン・サービスコース」「魚の切り方・野菜の切り方基本コース」「カフェコース」「出店計画(オーナーへの道)コース」「食育実践マスターコース」の9コースからなる。

2018年6月調査時のデータとなります。詳細な情報は学校公式ページをご参照下さい。
情報の正確性に関しては、免責事項をご覧下さい。