一人暮らしの知っ得 自分に合ったお部屋のタイプは?-学生向け賃貸物件って?

一般に提供されている賃貸物件のなかで、学生限定であったり、学生へのサービスに特化したものを指します。

一人暮らしの知っ得 自分に合ったお部屋のタイプは?-学生向け賃貸物件って?

学生向けお部屋探しはこちら

探してもらう

  • リクエスト登録

自分で探す

  • 大学名から探す
  • 専門学校名から探す
  • 路線から探す
  • お部屋のタイプ一覧
  • 学生向け賃貸物件って?
  • 学生マンションって?
  • 学生会館って?
  • 学生寮って?

学生向け賃貸物件の特徴

他の学生専用のお部屋と比べると、物件数が圧倒的に多いため、家賃・立地や設備などのバリエーションに富み、自分の希望条件に合うお部屋が見つかる可能性が高いといえます。
家具・家電は付属しない場合がほとんどで、もちろん食事など家事全般が自分の負担となり、手間がかかります。しかし自分の好みに合わせたり、こだわりを通せるのが学生向け賃貸物件の魅力といえるでしょう。
寮などにありがちな門限や決まり事も無く、一人暮らしを満喫できます。その分入居者に節度や自立性が求められます。
一般に流通している物件の入居者は学生に限りませんが、最近は学生のみ入居可能な物件や、学生に対して特別な家賃で提供する物件も増えてきているようです。

学生向け賃貸物件の特徴(一例)

  • ・家賃や立地・設備の選択幅が圧倒的に広い
  • ・家具家電は自分で用意
  • ・時間を自由に使える
  • ・入居者は学生に限らない
  • ・物件による差が大きい場合も

学生向け賃貸物件のポイント

物件の選択肢が多い分、物件によっては周辺環境・設備等の諸条件で格差が大きい場合があるので、自分がどのような部屋に住みたいかをよく考える必要があります。また、門限に縛られないため、自由にアルバイトやサークル活動が出来るのは学生向け賃貸物件の魅力ではありますが、近隣の迷惑にならないように、そして自分の生活のリズムを崩さないように、自立性を持つことが重要といえます。一般に流通している物件は、学生のみが入居しているとは限りません。しかし、それが一概にデメリットとも言えないことを覚えておくと良いです。例えば、社会人の方は学生より規則正しい生活を送っているので、隣人には適するという意見もあります。

学生向け賃貸物件のセキュリティ

賃貸物件の契約前には、基本的に厳しい審査が実施されます。入居者の人柄等が重視される場合も少なくないため、内部的なセキュリティは安心といえます。
ただし、オートロックや防犯カメラなど、設備的なセキュリティは物件によりけりなので、必要な場合はお部屋探しの際に不動産屋さんに相談しましょう。

学生向け賃貸物件のメリット・デメリット

学生向け賃貸物件のメリット

  • 自分の希望条件にあったお部屋を探せる
  • 門限に縛られず、アルバイトなどを自由に選択できる
  • 内装やインテリアなどを自分好みにできる
  • 一人暮らしを満喫できる

学生向け賃貸物件のデメリット

  • 自由な時間が多いため、自立性が求められる
  • 入居する際に家具や家電を用意する手間がかかる
  • 家事は全て自分の負担
  • 物件によって条件の格差が激しい

無料プレゼント

東京一人暮らし応援マガジン 学生スタイルが無料でもらえます!

東京一人暮らし応援団 「新生活応援係」が発行する、首都圏一人暮らしお役立ちマガジン【学生スタイル】を今なら無料で送付してもらえます!
首都圏の大学、専門学校と提携も行っているアイワホームには、不動産に精通した元気なスタッフがいます。お部屋選びのためのご案内・アドバイス等、親身になって対応してくれます。

  • 学生スタイルのお申し込みはこちら
  • ルームアドバイザーに部屋を探してもらう

学生向けお部屋探しはこちら

探してもらう

  • リクエスト登録

自分で探す

  • 大学名から探す
  • 専門学校名から探す
  • 路線から探す