知ってますか?模試の活用法

受験生なら一度は受けたことのある模試(模擬試験)。模試・公開テストを受け、本番までに志望校の合格レベルに引き上げていくことが大切。しかし、あなたは模試を有効活用しているでしょうか?主催予備校によっても模試の特徴は違います。模試を受けるメリットをよく考えながら、自分に合った模試を受け本番に備えましょう!!

受験を知っ得 知ってますか?模試の活用法

模試を受けるメリットって何?

メリット1
自分の弱点(苦手教科)がわかる模擬試験では、学校の定期試験対策のように出題範囲の丸暗記はできない。模試の結果は、できない問題はできないとはっきり自分のウィークポイントを教えてくれます。
メリット2
全国レベルでの成績判定ができる(自分がどのくらいのレベルにいるかがわかる)大学入試は、全国から受験生が集まり大学によっては厳しい競争率になります。全国規模の模試を受けることは、全国にいる受験生と比較して、自分が今どのくらいの位置・レベルにいるかを把握できる唯一の判断材料になります。
メリット3
試験に慣れることで本番でも実力を発揮できる受験日当日はどうしても緊張してしまうもの。模試は本番さながらの雰囲気を味わいながら受けることのできる試験です。試験会場の雰囲気に慣れることで、ケアレスミスで無駄な失点を防ぐことにも繋がり、また時間配分や解答テクニックなどもよく研究することができます。

模試の種類

おさえておきたい!≪3大予備校模試≫

3大予備校といわれている「駿台」 「河合塾」 「代ゼミ」 。受験者が多くて過去のデータもしっかりしているこの3大予備校の模試はオススメです。いずれもオリジナルの模試を持っており、問題の傾向や判定基準が異なるので複数の予備校の模試を受けると良いでしょう。
また、時期を変えて同じ予備校の同じ模試を受けると、自分の実力がどれだけ上がったか判断できる参考データにもなります。

駿台

河合塾

代ゼミ

駿台は国公立の難関大学を目指す予備校のイメージがあり、模試にもその傾向が反映されていて、出題内容も受験者層もレベルが高いと言われている。 河合塾の模試は一般的に「全統(※全国統一模試)」と言われている。受験者総数が圧倒的に多く、その結果、河合塾の公表する偏差値も強い影響力がある。 代ゼミ模試は、3大予備校の中でも最も模試の数が多い。11月にある「センタープレテスト」は20万人以上の受験生が参加しているのでオススメ。

高3・高卒生対象模試・駿台全国マーク模試
・駿台全国模試
・東大入試実践模試
・大学入試センター試験プレテスト
 など 駿台模試一覧はコチラ

高3・高卒生対象模試・全統マーク模試
・全統記述模試
・早大・慶大オープン
・全統センター試験プレテスト
 など 河合模試一覧はコチラ

高3・高卒生対象模試 ・トップレベル模試
・全国記述模試
・センター試験プレテスト
・全国私大模試
 など 代ゼミ模試一覧はコチラ

詳しくは各ページをご覧下さい

まだある!その他の模試

東進模試…難関大本番レベル記述模試・大学合格基礎力判定テスト・センター試験本番レベル模試 など
Z会模試…東大即応オープン・京大即応オープン ※即応オープンは河合塾と共催の模試
進研模試…総合学力記述模試・総合学力マーク模試・ベネッセ・駿台マーク模試・ベネッセ・駿台記述模試 など
先輩が教えます!タイプ別オススメ模試はこちら!

模試を受けた後は・・・

模試を受けたその日のうちにしっかり復習をしておきましょう。
時間配分はどうだったか、出来なかった問題はなぜ間違ったのか・・・反省点を見つけだし、対策を立てて次回の模試へと繋げることが大切です。模試は受験の専門家が入試を意識して作成しているので、解説も要点がしっかりとまとまっていて参考書よりも詳しく書いてあります。つまり、しっかりと復習して理解しておけば受験に必ず役立ちます。受けたまま放置・・・なんてことのないようにしましょう。

ここに注目
模試データはあくまでも参考資料に!
自分の受験する学校と模試・公開テストの傾向が必ずしも一致しているわけではない。模試データの合格判定と偏差値を見て安全圏だからといって安心していると思わぬ結果にもなりかねない。模試で一番大切なのは、自分の弱点を見つけ、伸ばすべき科目や範囲がわかったならば、そこをいつまでにどれだけ伸ばすのか勉強計画を練り直す作業である。
志望校合格に向けて、模試を上手に有効活用していこう!