早稲田大学 (早稲田キャンパス)の学部・学科情報

政治学・経済学・公共哲学を柱に、国際性と政策性を持つ学生を育てる。
政治学科
政治学科目は基礎科目と専門科目に大別、さらに専門科目は理論分析、比較・歴史、国際関係、公共政策に分かれている。政治現象を専門的かつ主体的に考えることのできる人材を育成する。
経済学科
経済学科目は、基礎科目、入門科目、専門科目、関連科目に大別される。複雑な社会現象を経済学という視点から分析し、考える力、語る力、行動する力を備えた人材の育成を目指す。
国際政治経済学科
政治学、経済学、国際関係論、数学、統計学などの基礎を学ぶ。その上で、公共哲学を基盤とした国際的視野での政治と経済の相互関係を学び、グローバルビジョンを持った人材を育成する。
広い知識と豊かな教養をもつ優秀な教育者、実社会の各分野で活躍する有能な人材を育成する。
教育学科
教育学専攻として「教育学専修」「生涯教育専修」「教育心理学専修」と、初等教育専攻を設ける。様々なアプローチから教育を分析し、健全な社会と人間の育成、教育システム・政策・方法を学ぶ。
国語国文学科
中学・高等学校の国語科教員養成を基本目的とするが、それと同時に教育以外の社会の多方面で活躍できる人材の養成にも積極的に取り組む。
英語英文学科
実技としての英語に力点を置き、コミュニケーション能力の向上を目指す。また、英語運用力に関する学問的知識を重視し、文学・言語学の両面からの英語へのアプローチも行う。
社会科
「地理歴史専修」「社会科学専修」からなる。社会のあり方について、幅広い基礎学習の上に高度な学識と判断力を身につけ、社会一般における指導的位置を占める人材の育成を目指す。
理学科
「生物学専修」「地球科学専修」に分かれる。高度な専門学識・技術を身につけ、社会のさまざまな場で活躍できる人材を養成する。
数学科
解析学・代数学・幾何学・情報数学の基幹的講義を中心に学び、さまざまな分野で活躍できる数学的素養を身につけた人材の育成を目指す。
複合文化学科
人間に関わる事象を文化ととらえ、それを多元的、多面的に考察する力を育成する。また英語以外の外国語力を身につけ、文化や社会に対する複眼的な思考を培う。情報通信ネットワークについても学ぶ。
社会科学の総合的、学際的な教育、研究を行う。
社会科学科
分科されて行われている専門研究を統合的、学際的に一体化したカリキュラムで学び、各界に貢献しうる有能な人材の育成を目指す。
幅広い教養のもと、問題解決能力のある人材を育てる。
国際教養学科
少人数指導により、基礎的な教養を磨き、多元的な視点・論理的思考を身につける。
※学科組織無し
基礎となる法学専門科目、そして広い世界に目を向ける語学・教養科目を両軸とする教育を通じ、広い意味での法律家を育てる。
※学科組織無し
幅広い知識を身につけ、学識ある実業家を養成する。

2016年11月調査時のデータとなります。詳細な情報は学校公式ページをご参照下さい。
情報の正確性に関しては、免責事項をご覧下さい。