学生ウォーカー知恵袋!!

インフルエンザ 今からできる準備

食料・日用品を蓄える
新型インフルエンザが流行している時期は、できるだけ自宅にとどまることがすすめられますが、そのためには保存できる食べものや毎日使うものの備蓄をしておきましょう。
正しい衛生習慣を身につける
毎年冬にはやるインフルエンザには、かからないための予防法があります。これが新型インフルエンザの予防にも、それなりに役立つと考えられます。具体的には、体の調子を整えておくこと、外出から帰ったらうがいと手洗いを行なうことです。
マスクの着用
マスクはウイルスが体のなかに入ってくるのを、ある程度は防ぎますが、そのいちばんの働きは、感染してしまった人が着用することで、ほかの人への感染を防ぐことです。熱やせき、くしゃみといった症状があるときは、マスクをしてください。
せきエチケット
マスクをしていないときに、咳やくしゃみをする時は、ティッシュなどで口と鼻をおおい、顔を他の人には向けずに、できれば1メートル以上離れてしましょう。鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにフタ付きのゴミ箱に捨ててください。

かからない、ひどくならないために:個人でできること

インフルエンザウイルスのついた手で鼻や目をさわることでも感染します。 そのため、手についたインフルエンザウイルスを洗い流すこと(手洗い)が重要です。十分に休養をとり、体力をつけ、常日ごろからバランスよく栄養をとることも大切です。「体調が悪い」と感じたら無理をしないようにしましょう。空気が乾燥すると、インフルエンザにかかりやすくなるので、室内では加湿器などを使って適度な湿度(50~60%)を保ちましょう。予防(ワクチン)接種により、インフルエンザウイルスに対してからだの準備(免疫)を整え、症状が重くなるのを防ぐことが期待できます。

ひとにうつさないために:個人でできること

咳が出る場合にはマスクを着用し、インフルエンザウイルスをまき散らさないようにしましょう。くしゃみなどをする際にハンカチやティッシュで口元をおおいましょう。使用済みのティッシュは、他の人がふれることがないように、きちんとゴミ箱に捨てましょう。鼻をかんだ後は手についたインフルエンザウイルスを洗い流しましょう。手を洗わずにいろいろなところを触ると、ウイルスをまき散らすことになります。早めの治療は、他の人にインフルエンザをうつさない意味でも大変重要なことです。熱が下がっても、まだインフルエンザウイルスが体の中にいるので、体の調子が元通りになるまでは外出を控えましょう。

  • 発熱症状のある場合は、「発熱相談センター」に相談しましょう。
  • 厚生労働省のHPを閲覧し、最新の情報を得て、感染予防と拡大防止を心がけましょう。〜厚生労働省HPより〜

前のページに戻る

Copyright © 2009 株式会社タウン情報サービス All Rights Reserved.