学生ウォーカー知恵袋!!

病気等の緊急対策について

一人暮らしで最も困ることの一つが、病気などで体調を崩した時の対処です。頼るべき親も近くにいないので自分でなんとかしなければなりません。特に深夜・休日などに体調が悪くなってしまった場合、時間外でも診察してくれる病院を探さなくてはなりません。
急患で診察を受ける場合、病状の程度によって病院が分かれます。
例えば、入院を必要としない時、必要とする時、生命の危険がある時というように区別されます。意識がもうろうとしている場合や動けない時は、すぐに救急車を呼びましょう。救急隊員の方が適切に対応して下さいます。
そうでない比較的軽症の場合は、ネットや電話帳などで調べて問い合わせましょう。また、近所にいざという時に頼れるような知り合い(学校の友人)を作っておくのも一つの方法です。
病気にかかった時…この時程、一人暮らしの寂しさを一番感じる時かもしれません。病気になったときに調べるのも大変なので、予め近場にどんな病院があるか調べておくことが大切です。病院までどのくらいで行けるのか、そこの病院には何科があるのかなど、事前に調べておけば、万一の時に慌てることなく安心です。また、常備薬も揃えておきましょう。

~一人暮らし.infoより~

病気予防の3か条

その1 食生活の改善
バランスの良い食事を心がけ、偏った食生活を改善しましょう。
その2 運動
病気に対する体力をつけるためにも適度な運動をしましょう。
その3 生活習慣
身体に悪影響を与えるような生活習慣(睡眠不足など)はできるだけ避けましょう。

前のページに戻る

Copyright © 2009 株式会社タウン情報サービス All Rights Reserved.