服飾産業界に広く対応できる人材の育成を目標に、服づくりに関する専門知識と技術を総合的に学習する。
服飾専攻科
服装科、服飾研究科卒業後、より高度な専門知識と技術を養う上級コース。「デザイン専攻」「技術専攻」「オートクチュール専攻」の3専攻からなる。
服装科
デザイン・技術・素材などの基礎を総合的に学び、ファッション業界の幅広い職種に進むことができる。
服飾研究科
1年という短期間でファッションの専門知識と技術を学ぶ。ここで習得した技能と学院入学前にすでに得た知識や技術との組み合わせて、さまざまな職業を目指す。
アパレル産業界の各職能に焦点を合わせたスペシャリストを育成する。
ファッション高度専門士科
4年間のカリキュラム。ファッション業界をグローバルな視点から見つめ、アパレルの各分野の発展を担うリーダーとなる人材を育成。卒業後高度専門士の称号を得られる。
ファッション工科基礎科
服づくりの基礎的な知識と技術を身につけると同時に、アパレルをビジネスとして認識する。1ヵ年終了後、アパレルデザイン科、アパレル技術科、インダストリアルマーチャンダイジング科、ニットデザイン科の4つの専門分野へ進める。
商品の流通、販売促進、情報に関わる広い分野で求められる人材を育成する。
ファッション流通科
ファッション業界の流通のしくみや販売促進について学習する。2年次より「スタイリストコース」「ショップスタイリストコース」「リテールプランニングコース」「ファッションプロモーションコース」「ファッションモデルコース」「ファッションメイクアップコース」の6コースに分かれる。
ファッショングッズをトータルファッションのパーツとして考え、マテリアル発想からデザイン、製作、ビジネスまでを体系的に学ぶ。
ファッションテキスタイル科
ファッション衣料全体への深い洞察をもとに、その素材としてのテキスタイルを企画クリエイトできる人材を養成する。
ファッショングッズ基礎科
ファッショングッズに関するそれぞれの専門科目の基礎的な知識と技術を学ぶ。1ヵ年終了後「帽子・ジュエリーデザイン科」「バッグデザイン科」「シューズデザイン科」の専門分野を選択する。(2020年度より1,2年次に帽子デザイン科・ジュエリーデザイン科・バッグデザイン科・シューズデザイン科、3年次にファッショングッズ専攻科に改編)
夜間という時間的な制限のなかで、3年間で服装に関する基礎専門知識と技術を修め、応用力を身につける。
夜間という限られた時間の中でファッションビジネスと商品の流通・販売についての基本を効率的に学習し、 流通小売業で活躍できる人材を目指す。

2018年6月調査時のデータとなります。詳細な情報は学校公式ページをご参照下さい。
情報の正確性に関しては、免責事項をご覧下さい。